レトロバレンシア2016
in

IVレトロオートモトバレンシア:いつものように

会社主催 エンジンイベント、 バレンシアフェアは、品質と多くの可能性を垣間見続けていますが、売買の問題で「終了」していません。

14月16日からXNUMX日まで開催。 レトロオート&モトバレンシア 少なくとも来場者数は年々増え続けているという点では、すでに統合されたイベントのようです。 ただし、展示会に関しては、他のエディションと比べて実質的に変更はありません。 主な役割は、パビリオンを車で満たすことを担当する多数のレバントクラブによって演じられています。

アニバーサリーシート850と他のおいしいお菓子

El クラブシート850 デバレンシアはモデルの50周年を記念して、すべてのバージョンの356ユニットを備え、ポルシェバレンシアは最初のシリーズの2を展示し、バルセロナでのオリジナル登録を行いました。元の状態で、「組み立て」のさまざまな状態のいくつかのメハリの隣。

バレンシアアンティークビークルクラブは、すべての時代のモデルを備えた別の大きなスタンドで50周年を祝いました。その中で、全国登録と印象的な印象的なアルファロメオジュリエッタが際立っていました。 珍しいウィリスナイト 1927年は完全に復元され、隣の小さなモリス8とサイズが対照的でした。

しかし、バレンシアの習慣と同様に、手のひらは クラブホルタクラシックス。 アメリカ車専用の巨大な中央スタンドに加えて、彼はフォルクスワーゲンゴルフGTI、ポルシェの記念日などの展示会を開催しました トランスアクスル、 BMW M3またはOpelは、30年代から90年代にかけて、側面の広いスペースを占めていました。

壮大なバレンシアのモデルメーカーであるアレハンドロマリンと地元のオートバイライダーであるセザールグラシアへの展示と賛辞のスペースもあり、60年代からの彼のマウントがいくつかありました。

2017年の販売のためのより多くの古典

商業レベルでは、 パビリオンの中心全体はスペアパーツ(一部はフランス製)とオートバイの販売でいっぱいでしたが、車に関しては、XNUMX人の専門家(AutosalónValenciaとオークションハウスCatawiki)と「CarCorral」スペースが予約されていました以前の版よりも数が多いが、まだ空きスペースがある個人。

それから、面白いものとして、あちこちで販売されている車がありました Simca 1000 Proto 地元の大会での栄誉や1929年のシボレーが隅に隠されています。 しかし、クラシック用の常に満車の駐車場に到着した多くの車が売りに出されていました...しかし、所有者は、彼らがリビングルームでそれらを展示する機会があっただろうと気づいていませんでした。 そして、これは、このフェアに値する決定的なプッシュになる可能性があるため、将来のエディションで改善する必要があるポイントです。

要するに、バレンシアは失望しないフェアであり、レバントの良いファンのレベルに合わせて見るのに良い作品が常にあります。 唯一欠けているのは、一般の人々が参加する商業的関心が、販売されている車が最も多いパビリオンの内部に反映されていることです。

どう思いますか?

0 点数
Upvote 下降
フランシスコ・カリオン

によって書かれました フランシスコ・カリオン

私の名前はフランシスコ・カリオンです。1988年にシウダード・レアルで生まれました。この場所は、最初はヴィンテージカーとは似ていませんでした。 幸いなことに、自動車部門に専念している私の祖父には、ベテランの車を所有し、私の故郷で開催された(そして開催され続けている)毎年恒例のラリーに参加した友人がいました... もっと見る

コメント

ニュースレターを購読する

あなたのメールで月に一度。

どうもありがとう! 送信したばかりのメールでサブスクリプションを確認することを忘れないでください。

何かがうまくいかなかった。 もう一度やり直してください。

50.3kファン
1.7kフォロワー
2.4kフォロワー
3.1kフォロワー