in

私は大好き私は大好き

Ebro Siata 50S、良いミックス

必然的に、Siata 50Sは共感を呼ぶ車です。 彼女が外出するとき、人々は驚いて彼女を見て、コメントする人が常にいます。 「素敵なヒッピーバン。」 すみません? いいえ、これはヒッピーではありません。Seat600をベースにしたスペインのバンです。

クレイジーなXNUMX年代のアイコンとしてそれを賞賛したフレンドリーな歩行者は、人気のあるスペインのユーティリティに基づいた珍しい怪物としてそれを偶然に行います。 何も起こらない、事実は、何らかの理由で、人々がシアタの素敵なラインを好きであり続けているということです。

他の車と比べて速く走ったり、参考にならない場合は、サイズが小さいので目立たないので、VW「コンビ」と混同する方もいらっしゃると思います。 ただし、XNUMX台の車両は、リアエンジンバンであり、印象的なツートンカラーの塗装が施されていることを除けば、ほとんど共通点がありません。

まあ、彼らはまた、彼らが作成された目的を共有しています:フォルクスワーゲンとシアタエスパニョーラの両方が、あらゆる都市や町の狭い通りを機敏に移動できる小型の配達車両を探していました。

これからは、有名なドイツのバンよりもはるかに小さいヒスパニック系車両に焦点を当てます。

このEbro-Siata50 Sのバイカラーリズムは、その素敵なラインを際立たせています
このEbro-Siata50 Sのバイカラーリズムは、その素敵なラインを際立たせています

背景と進化

Siata Formichettaがタラゴナで製造され始めたのは1961年でした。これは、ドアからカーゴボックスが配置された細長いシート600である小さなバンでした。 このモデルは、2.000年に年間1965ユニットに達することを可能にした、Siataにとって大きな商業的成功であり、製造の多くは依然として半伝統的に行われていました。

一方、1964年には、シート600のプラットフォームを使用して、より便利なスペースを提供できる新しいバンの研究が開始されました。 アイデアは、当時のフィアットの範囲にすでに存在する製品に基づいていたに違いありません。 1956年に発表されたMultiplaモデルやその後の600Tなど。

これらのフィアットは、フィアット6のプラットフォーム上に構築された、大人600人が乗車できる小さな「ミニバン」でしたが、運転席はドライバーが前車軸に着座するように進められていました。

これと同じ原理がSiataの技術者によって使用されました。Siataの技術者は、比較的快適な位置を見つけるために、シートからステアリングホイールとペダルまでの距離を伸ばすのに役立つ等身大のマネキンを使用しました。

上位3/4は、現在のDKWと非常によく似ています。
上位3/4は、現在のDKWと非常によく似ています。

設計部門では、フランチェスクカサスが当時のモダンなラインを作成しましたが、イモサが最近ビトリアの工場で製造を開始したDKWF-1000Lのラインとあまりにも似ていました。

盗作で非難されないようにいくつかの側面を変更しなければならなかったという類似性がありましたが、それでも、これらのシアタのXNUMXつの上半分だけを見ると、ドイツのバンのXNUMXつと間違える可能性があります。

ミニバンの発表は1967年に行われました。工場は23年に1970日あたりXNUMX台を生産しました。、屋根のマトリックスを一枚で得ることを可能にした建設技術の近代化と、ほとんどすべての車体に刻印されたシートの使用のおかげで。

元のバージョンは、2.850 dm2.850の内部負荷容量に関連して、「3」という名称を受け取りました。 この直後、法改正により変更されましたが、1969年に産業省は、高さ1,80メートルを超える商用車(したがって高級税を免除)を検討する規則を公布しました。 ミニバン2850は1,66メートルにしか達しませんでした。

総積載重量は1.300kg、ホイールベースは2.027mmで、ほぼミニチュアバンです。
総積載重量は1.300kg、ホイールベースは2.027mmで、ほぼミニチュアバンです。

その後、スペインのブランドの技術者は、バンに隆起した屋根を装備することを余儀なくされ、このようにして、後のモデルの決定的なものとなるより広い内部空間とシルエットを備えた3000モデルが誕生しました。

その同じ年、Siataはオプションとして850 hpのSeat 34エンジンを提供し始めました。これは、貨物車用にやや希少な737hpを生成した600Dの28ccよりもやや強力です。

[su_note note_color =»#f4f4f4″]

イベリアモーターが登場

1971年にはすでに7.000台を超え、翌年にはモーターイベリカからミニバンの製造を引き継ぐという魅力的なオファーが届きました。。 Siataで彼らは受け入れることに決めました、そしてこれで、古いブランドの名前はモデル名だけになりました、それ以来Ebro Siata40。

この数年の頃、最初のバンは、エブロのトラックとトラクターでよく知られているモーターイベリカによる買収後も続いた多くの変更をすでに受けていました。元々600から来ていたメカニックとインテリアコントロールは、徐々にそれらに置き換えられ始めました。 850と、外側のクローム文字«Siata»は、エブロからの黒いプラスチック文字(あまりお世辞ではありません)に置き換えられました。フロントの口ひげは、850クーペと同じままでしたが、「シート」の文字がありました。 EbroロゴのそのようなHによって変更されました。

[su_youtube_advanced https =»yes»url = 'https://youtube.com/watch?v = 1ew-b9FNdRY']
クレジット:ユーザー ジャジャニオノ、 Youtubeから

1973年に600は製造を中止し、車体を適合させるための新しいシャーシを見つける必要があり、最終的にシート850を選択しました。その後、バンはEbro Siata 50に名前が変更され、ガソリンのフィラーネックなどの詳細がこれは、右リアドアの隣からエンジンフードまたはエンジンベンチレーションスロットの隣になりました。これらは、ボディの中心を通るフィレットの下にのみ配置されていました。

これらのXNUMXつの詳細は、一方ではエンジンに入る新鮮な空気が少なく、他方では燃料タンクキャップへのアクセスドアを取り外すと悪意のある誘惑が発生するため、正確には改善されていません。

1975年に850の生産が終了し、シート133の機構とフレームがベースとして使用され始めました。 したがって、Ebro Siata50Sという名前が付けられました。 34CVを愛撫したパワーの増加とともに。

1977年にモーターイベリカはトラックメーカーのアヴィアを吸収し、小さな50 Sもその名前で製造されましたが、外観の違いは、前部にかなり見苦しい黒いプラスチックグリルを取り付けた点だけです。買収したばかりのブランド。

[/ su_note]

イベリアのモーターによる買収にもかかわらず、Siataの名前は識別プレートに非常に明確なままです
イベリアのモーターによる買収にもかかわらず、Siataの名前は識別プレートに非常に明確なままです

[su_note note_color =»#f4f4f4″]

AviaとEbroSiata 50が連続して製造されたのか、同時に製造されたのかは、完全には明らかではない問題です。 ほぼ1980年まで登録された両方のブランドのコピーがあるので。
しかし、このモデルはそれでもそれ自体をより多く与えることができました。 80年代の初めに、金型は最後の変更を受け、シート127のさまざまな部品が組み立てられました。

これらすべての結果は、バンパー、ヘッドライトバイザー、グリル、ロゴなどの黒い注入プラスチックコンポーネント、シート127ホイール、ヘッドレスト付きシート、ドアと窓のいくつかの柱でいっぱいの、かなり魅力のない車両でした。彼らは彼を背が高くするために数インチ成長した。

Avia Siata 500という名前のこれらの最後のバンの商業的成功はかなり乏しく、多くの部隊が陸軍(PM)に行き、そこで彼らはその多様性とのために失踪した兵役をした若者の間で名声を得ました。 ..その醜さ。

最後に、モーターイベリカは 飲み込んだ すぐにSiatasを思い出した日産によって。 これに続いて、元々はエブロブランドを持ち、ミニバンの後継車としてふさわしい有名なバネットがありました。より高度な技術的アプローチを採用していますが、外観は1967年のデザインからそれほど離れていません。

[/ su_note]

キャプション
ダッシュボードの一部のコントロールはシート850からのものであり、AviaまたはEbro 50 Sの多くの所有者は、最新のものまで取り付けられたシート133を携帯している場合、車両に「XNUMXハーフ」エンジンが装備されていると考えます。バージョン。

 

続行します ページ2…

どう思いますか?

3 点数
Upvote 下降
フランシスコ・カリオン

によって書かれました フランシスコ・カリオン

私の名前はフランシスコ・カリオンです。1988年にシウダード・レアルで生まれました。この場所は、最初はヴィンテージカーとは似ていませんでした。 幸いなことに、自動車部門に専念している私の祖父には、ベテランの車を所有し、私の故郷で開催された(そして開催され続けている)毎年恒例のラリーに参加した友人がいました... もっと見る

コメント

ニュースレターを購読する

あなたのメールで月に一度。

どうもありがとう! 送信したばかりのメールでサブスクリプションを確認することを忘れないでください。

何かがうまくいかなかった。 もう一度やり直してください。

51.1k
1.7kフォロワー
2.4kフォロワー
3.2kフォロワー