10th Classic Trucks Meeting.com
in

10th Classic Trucks Meeting.com

フォーラム参加者からXNUMX年が経ちました クラシックTrucks.com 彼らは毎年会合を開くという先駆的な考えを持っていました。 当初はパソコンを使わずにお互いを知り合い、感想を交換するための簡単な打ち合わせでしたが、やがてクラシックトラックを持ってくるファンも出てきて、数年後にはこれが初めてになりましたスペインで開催されたインダストリアルクラシックに専念。

この学部長会議は単なる「集会」ではありません。 通常、トラックが少なくともXNUMX、XNUMX日間の小さな遠足の後に一般に公開される、広いスペースが求められます。 さらに、トラックに関連するアイテム(Tシャツ、ピース、ミニチュアなど)を販売する屋台や、屋台や小さな子供向けのアクティビティも可能になります...まるでイギリスのクラシックイベントにいるかのように!

真実は、わずか10年でこのイベントが 最高レベルの組織的および参加型の品質に達しました。 今年の運営拠点は、バルコデアビラ(アビラ)の郊外にあるプエルタデグレドスホテルで、イベントに参加した50台以上のトラックを駐車するのに適した広いオープンスペースがありました。

(ギャラリーのキャプションを表示するには、画像にカーソルを合わせるか、クリックしてビューアを開きます)。

到着日は19月20日の先週の金曜日で、21日とXNUMX日の間に、トラックは午前中にナバロングイリャとアルトデトルナバカスに遠足しましたが、午後には、すでに述べたように、訪問者.. ちなみに入場は無料です。

品質の回復

参加者は質と多様性が際立っていました。 ほとんどが骨の折れる修復をしました 1965年の小さくてエキゾチックなナザールや、40年代のシャーシ、60年代のキャビン、バレイロスのディーゼルメカニッ​​クなど、すべての独創性を尊重する「ソースの中に」保存されたものもありました。典型的なヒスパニックの発明。

存在するユニットの数が最も多いブランドは、ペガソでした。その中で、90年代の初めに生産が停止するまで製造されたほぼすべての民間モデルを見ることができました。最も古いものは壮大でした。 Savall家が所有する140年代初頭の50hpディーゼル、「トラクターユニット」構成で保存された数少ないユニット(おそらく3台のみ)のXNUMXつであるため、その時代と壮大な修復から際立ったトラックです。

コメットとエウロパシリーズのペガソスが「トラクターユニット」で見られることもまれですが、この会議ではいくつかのユニットがありました。 私たちが見逃している飼育馬ブランドの唯一の神話上のモデルは、50年代半ばからのバラハスでしたが、その不在は 素敵なモノトラルバス 同じV6ディーゼルエンジンに乗っているサバール家から...そして走っているときに同じかすれた、逆火の音を出します。

しかし、興味深いペガシだけではありませんでした。 60年代と70年代にスペインで製造されたほとんどすべての実業家が出席しました。 サイズや時代の異なるいくつかのアヴィア、バレイロス、エブロがあり、事実上すべて完全に復元されました。 エンマサによって製造されたもののメルセデスO319バン、またはさまざまな海外生産のセットも見逃していませんでした。

それらの中で、その特定のゴロゴロ、90年代後半からの古いオースチンK4または 1937年の素晴らしいダイアモンドT 慎重な修復の詳細が欠けていませんでした。 このアメリカのブランドは、今日私たちの国ではあまり知られていませんが、50年代まで主要なトラック生産者のXNUMXつであり、その製品はほぼ「豪華」と見なされていました。

このコピーのインテリアケアを見るのは、商用車よりも乗用車にふさわしいもの、またはそのかさばる6気筒エンジンとフラットシリンダーヘッド...もちろんガソリンです。 後者は、エンジェルドミンゴのロシアの3HCを搭載した最古の車両の位置を争っていました。これも6気筒とガソリンを備えていますが、すべてのソビエト車両に適した質素で時代遅れのデザインです。

しかし、ホテル周辺のこのトラックで提供された散発的な散歩のいくつかで、その正しい動作以上のものを確認することができました。つまり、露出したもののいくつかは、これらがどのように一般に公開されるかを示すために小さな遠足に貸し出されました音と煙。輸送のベテラン。 間違いなく、来年も見逃さないように計画している目と耳の喜びです。

 

その他の画像…

どう思いますか?

0 点数
Upvote 下降
フランシスコ・カリオン

によって書かれました フランシスコ・カリオン

私の名前はフランシスコ・カリオンです。1988年にシウダード・レアルで生まれました。この場所は、最初はヴィンテージカーとは似ていませんでした。 幸いなことに、自動車部門に専念している私の祖父には、ベテランの車を所有し、私の故郷で開催された(そして開催され続けている)毎年恒例のラリーに参加した友人がいました... もっと見る

コメント

ニュースレターを購読する

あなたのメールで月に一度。

どうもありがとう! 送信したばかりのメールでサブスクリプションを確認することを忘れないでください。

何かがうまくいかなかった。 もう一度やり直してください。

50.3kファン
1.7kフォロワー
2.4kフォロワー
3.1kフォロワー