フォルクスワーゲンプロトタイプ燃焼修復
in

焼成されたVWビートルのプロトタイプ、復元予定

その フォルクスワーゲンビートル これは自動車の歴史の中で最も象徴的なモデルのXNUMXつであり、誰もが見逃すことのできないものです。 このため、神話を生み出したプレシリーズのユニットは、手の指にも数えられる、切望されたコレクターのアイテムです。 今後数年間で、ユニークな標本の復元が見られます。

ほんの一週間前、 ハンブルクプロトタイプ博物館 (ドイツ)コミュニティを驚かせた フォルクスワゲナ 次の修復プロジェクトの発表とともに: 1939年のカブトムシ。

ハンブルク歴史博物館は、主にフェルディナントポルシェとその相続人が関与する、ドイツ起源のユニークな車両の回収、修復、展示に専念してきました。 しかし、フォルクスワーゲンとポルシェだけではありません。 BMW、Veritas、Hanomag、Borgward、longなどの他のブランドのレアパーツも見つけることができます。

フォルクスワーゲンプロトタイプ燃焼修復
同じユニット、1940年の冬のデモンストレーション(写真:ハンブルクプロトタイプ博物館)

もちろん、博物館は明確な条件で選択します:それらが競争車両、非常に短いシリーズの路面電車、または-手元の場合のように-生産モデルの実際のプレシリーズのプロトタイプであるかどうかにかかわらず、それらは「まれな」ユニットです。

写真でわかるように、 プロジェクトは単純ではありません: この古いカブトムシは完全に焦げており、ねじれた板金シェルはほとんど残っていません。 その理由は、4年前にそれが保管されていた倉庫が恐ろしい火事に見舞われ、いくつかの貴重な古典が破壊されたためです。

幸運なカブトムシ?

この特定のユニットの フォルクスワーゲンビートル 14年に生産された1939個のうち、保存されているのは(なんとなく呼んでも)唯一のものであり、具体的にはすべての3番目の数字を持っています。 1938年には、シュトゥットガルトのフェルディナントポルシェのボディワーカーがボディを手作業で作成したものの、最終的なデザインの3つのユニットがすでに製造されていたため、わずかな違いがありました。

1939年のものは、まだポルシェのワークショップで手作業で組み立てられていましたが、ボディワークのさまざまな部分がシリアルスタンピングとプレス技術を使用して作成されていました。 この「ナンバー3」ユニットは、戦前の他の多くのユニットと同様に、 デモンストレーションとテスト車両として機能しました。

具体的には、彼はポルシェ博士自身に配属され、より平和な存在を保証しました。 第二次世界大戦が到来したとき、これらのプレシリーズのユニットはすべて要求され、最も多様な軍事目的に使用されました。 なんとか生き残った少数の人々は非常に劣悪な状況で生き残り、大多数は戦後すぐに連合軍によって破壊されました。

[/ su_note]

フォルクスワーゲンプロトタイプ燃焼修復
3年代に宣伝車だった「ナンバー50」(写真:ハンブルク原型博物館)

[su_note note_color =»#f4f4f4″]

ユニット3は、コンテストが表示されるまで政府のガレージに保管されていました。 1948年に構造が崩壊したとき。 車は建物の倒壊後にいくつかの部品が損傷し、元のエンジンも失いましたが、1954年にすでに ラファイ家、 1946年の戦後にオープンした最初のフォルクスワーゲンディーラーの所有者。それを宣伝の主張として使用するという考えだったので、大雑把な修復を受け、年齢を明確にするために全身に署名しました。

何年も経ち、すでに80年代に、その所有者であるGerhard Von Raffayは、完全ではあるがあまり注意深くはない修復を施しました。 それはヨーロッパ中の大規模なビートルラリーに持ち込まれ、ついに1991年に車はハンブルクのガレージに片付けられました。

[/ su_note]

70年後の炎の牧草地

そこには2011年までその場所が残っていました 苦しんだ 壮大な火 コメントする前に。 どうやらそれはRaffayの会社員によって意図的に引き起こされたようで、残念ながら、1902年からのいくつかのブガッティやローナーポルシェなどの貴重な作品を含む素晴らしい家族のコレクションに影響を与えました。

幸いなことに、ハンブルク博物館は、この古代のカブトムシのような貴重で珍しい作品の回収を専門としており、それだけでは不十分であるかのように、コレクションの中に古いフォルクスワーゲンエンジン(これも1939年から)が設置されます...結果を見るには数年待たなければなりませんが。

どう思いますか?

0 点数
Upvote 下降
フランシスコ・カリオン

によって書かれました フランシスコ・カリオン

私の名前はフランシスコ・カリオンです。1988年にシウダード・レアルで生まれました。この場所は、最初はヴィンテージカーとは似ていませんでした。 幸いなことに、自動車部門に専念している私の祖父には、ベテランの車を所有し、私の故郷で開催された(そして開催され続けている)毎年恒例のラリーに参加した友人がいました... もっと見る

コメント

ニュースレターを購読する

あなたのメールで月に一度。

どうもありがとう! 送信したばかりのメールでサブスクリプションを確認することを忘れないでください。

何かがうまくいかなかった。 もう一度やり直してください。

50.3kファン
1.7kフォロワー
2.4kフォロワー
3.1kフォロワー