ミッレミリア2018
in

ミッレミリア2018:ヴァイアヴァンティ!

テキスト:FRANCISCOCARRIÓN/写真機能:JAVIER ROMAGOSA

ミッレミリア、 典型的なロードイベント 世界中で、16月18日からXNUMX日まで、伝統的なブレシア-ローマ-ブレシアルートでイタリアに戻ります。 ルートの最初の数メートルの間にブレシアで写真を撮ったので、スクープでほとんどライブで、から エスクデリア 私たちはこの本物の光景に参加し、閉鎖された公園が毎年提供する品質に恍惚としています。 この「クラシック」エディションは、20年代から50年代に行われた本物のレースにうらやましいことはほとんどありませんが、この「ほぼ」は後で見ることになります。

ブレシアからの出発 それは、ミッレミリアのすべてのように、街の歴史的中心部の壮大な環境で起こります。 そして、一部のスポンサー、ブランド、またはドイツのレストラン経営者などの専門企業でさえ キエンレ 彼らはそこに小さなスタンドを設置しました。 この初日に見たものから、「公式に」参加している450チームの多くがメルセデスベンツ300SLの後ろでそうしていることを強調することができます カモメの羽。

例えば スペインのチームはXNUMXつだけです 今年登録しました、そして彼らはこれらの車の911つが付属しています。 それらの数は圧倒的でXNUMXを超えており、これらのメルセデスが「ミッレミリアのXNUMX」として戴冠していることを誤解することを恐れずに断言できます。 このイベントでの繰り返しに基づいた高価で排他的な車 彼らはほとんど興味を失います。

あなたが興味を維持するか、または増やすならば、2年代初頭にベルトーネによってボディされた美しいアストンマーティンDB4 / 50ロードスターのように最近復元されたいくつかの車、または控えめな フィアット8Vザガート 彼は当時のフェラーリをうらやましく思っていなかった。 そして、フェラーリについて言えば、ミッレミリアの多くの多様な伝統的なトレイとは別に、今年はロベルトロッセリーニとイングリッドバーグマンが長い旅行に使用した212年からのフェラーリ1953インターを見ることができました。ルーフラック時代とその上にXNUMXつの巨大なブリーフケース。

ミッレミリア2018:有名で人気があり、いくつかの後退

「ファモセオ」のテーマ それはまた、ミッレミリアで非常に広く一般的であり、過去の個性だけではありません。 現在、今年のアルファロメオの場合と同様に、多くのブランドが引退したドライバーを招待しています。 6年からの2300C1934のコントロールでは、たとえば、元F1ドライバーのジャンカルロフィジケラを見てきました。

贅沢と魅力が当たり前ですが、ミッレミリアに参加することもできます 人気の車で、 彼らが元のレースで走っていたという条件で。 このように、時折トライアンフTR3を観察し、謙虚なシムカアロンドでさえオランダから到着しました。これは、登録の価格が参加車自体の価格を超える可能性が非常に高いという奇妙なケースです。

応募を受け付けた審査員は毎年規模を厳しくしますが、2018年版でも見ることができました 他のいくつかの間抜け ブレシアの出口で。 恐ろしいモダンなリムや安全アーチを備えたメルセデスベンツ190SLは、私たちが予期していなかったものですが、検証され、参加する準備ができている完全な「間抜け」で自分自身を見つけることを想像することはできませんでした。落ち着いた1500ドアサルーンボディで生まれ、最近ベルギーで再トリミングされました。 ケーキを仕上げるために、車には不適切なジャガーXKホイールがあり、1937年にパリのボナムズによってオークションにかけられたので、誰でも情報を入手できました!

最後に、ミッレミリアがまだ始まっていないときに起こった非常に不幸な出来事。 盗まれる数日前 そのような アルファロメオ6C すでに参加者として登録されている2500年からの1942カブリオレツーリング、そして彼らはそれがイベントに運ばれたトレーラーにそれを持っていきました。 弓をつけたまま、行きましょう。 車がすぐに回復することを願っていますが、それまでの間、世界で最もエキサイティングなレースを楽しむためのXNUMX日間がまだあります。

ミッレミリアが欲しかったですか? 2015年の記録を読んでください!

どう思いますか?

0 点数
Upvote 下降
フランシスコ・カリオン

によって書かれました フランシスコ・カリオン

私の名前はフランシスコ・カリオンです。1988年にシウダード・レアルで生まれました。この場所は、最初はヴィンテージカーとは似ていませんでした。 幸いなことに、自動車部門に専念している私の祖父には、ベテランの車を所有し、私の故郷で開催された(そして開催され続けている)毎年恒例のラリーに参加した友人がいました... もっと見る

コメント

ニュースレターを購読する

あなたのメールで月に一度。

どうもありがとう! 送信したばかりのメールでサブスクリプションを確認することを忘れないでください。

何かがうまくいかなかった。 もう一度やり直してください。

50.3kファン
1.7kフォロワー
2.4kフォロワー
3.1kフォロワー