レプソルでのクラシックトラクター展
Massey-Harrisと50年代のBMB、どちらもイギリス人
in

マドリード中心部のクラシックトラクター

古典的なトラクターに捧げられた展示会やイベントは、私たちの国ではあまり一般的ではなく、マドリッドなどの大都市の中心部ではさらに少なくなっています。 これが私たちが驚いた理由です-嬉しいことに-見つけた マドリードのアトーチャ駅近くにあるこの小さな展示会。

具体的には、これらの古い栄光は、「レプソルアグロ」会議の際に石油化学会社レプソルの本社で展示され、農業食品セクターのさまざまな経済的および立法的側面について議論することに加えて、それが使用されました。多国籍企業がこの分野でリードするXNUMX周年を記念して。

これを行うために、同社は50年代からXNUMX台のトラクターを貸与することに同意した、古い農業機械の保存業者の協会に連絡しました。

外国の著名人

不思議なことに、Lanz、Ebro、Hanomag-Barreirosなどの最も典型的なスペイン製のトラクターはありませんでした。ヒスパニック系の代表者は、サラゴサのViasaからライセンスを受けて製造された211年代初頭のFiat 60Cだけでした。

残りはすべて海外生産で、リアエンジンを搭載した1952年のアリスチャルマーズタイプG(米国製)と10年代のポーランド製の小さなURSUS「バンビ」C50はその希少性で際立っています。

より典型的なのは、イギリスのマッセイハリス「ポニー」820とBMB「プレジデント」STPで、どちらもサイドモアを備え、50年代半ばに製造されました。最後に、伝説的なアメリカのファーマル「カブ」と軽量のアルガイアー「ベイビー」ドイツ語が閉鎖されました。この小さな展示会は、今後数年間繰り返され、増加するのは悪くないでしょう。 それは30月1日からXNUMX月XNUMX日までしか続きませんでした。

どう思いますか?

0 点数
Upvote 下降
フランシスコ・カリオン

によって書かれました フランシスコ・カリオン

私の名前はフランシスコ・カリオンです。1988年にシウダード・レアルで生まれました。この場所は、最初はヴィンテージカーとは似ていませんでした。 幸いなことに、自動車部門に専念している私の祖父には、ベテランの車を所有し、私の故郷で開催された(そして開催され続けている)毎年恒例のラリーに参加した友人がいました... もっと見る

コメント

ニュースレターを購読する

あなたのメールで月に一度。

どうもありがとう! 送信したばかりのメールでサブスクリプションを確認することを忘れないでください。

何かがうまくいかなかった。 もう一度やり直してください。

50.3kファン
1.7kフォロワー
2.4kフォロワー
3.1kフォロワー