クラシックパドバフェア
in

Auto Moto d'Epoca Padova 2017:イタリアのテクノクラシカ

ライアンエアーでボローニャへのフライトは本当にお買い得でした... 75人あたり110ユーロ、はい、35か月前に到着しました。 ボローニャはパドヴァから約90km、モデナからXNUMX km、フィレンツェからXNUMX km、アドリア海から同様の人物です。

見本市に一人で来ない場合は、見本市を主催する都市とは別に、美しいイタリアの都市のいくつかを訪れるのにも最適です。 パドヴァに到着しました 木曜日の午後17時に、街の旧市街を少し観光します。傾いた塔、壮大なドゥオーモ(サンペトロニーノ大聖堂)を見て、世界最大のメリディアンラインの内部を眺めます。ジャンドメニコカッシーニのプロジェクトで00年に建てられました。 そのすべてを見るのは好奇心旺盛で美しい。

休憩後、ようやく翌日が明けました。午前10時にフェアに参加しました。 フェアは00:9に始まりましたが、行列は本当に大きかったです。 料金は、00日券の19ユーロから、週末全体の合計チケットの45ユーロまで。 後で掘り出し物の中で見ることができたものによると、安い。 この部屋に行く場合は、以下を書き留めてください。 少なくともXNUMX日は必要です。

画像をクリックして拡大してください…

パドヴァフェアでのマナー

パビリオン15のメインエントランスホール それほど魅力的ではありません エッセンやシュトゥットガルトのドイツの見本市のように、またはパリのように。 それは近所の映画館のような目立たないアクセスであり、より歓迎的です。 認定の提示後、私たちはパビリオンに入り、ランボルギーニカウンタック、いくつかのアルファ、戦前のフィアット、アウディに出くわしました。強力なスタンドがあり、文字通りクアトロデラリーの12つ、またはオートユニオンVXNUMXに触れることができます。とりわけ。

テスラも存在します。 建物は私には小さく見えますが、魅力的でイタリアンスタイルに満ちていますが、外に出て強打するまで、素晴らしいオラチオパガーニの最新の作品のXNUMXつに出くわします。 これらの印象的な彫刻が 「トゥルークラシック」。 写真を見てお楽しみください。

このパビリオンから、数多くのクラシックが売りに出されているフェアの広いプライベートストリートを横切って、最先端のフェアのスタイルである、より大きくて背の高い他のパビリオンにアクセスします。 とりわけ、フィアット、アルファ、メルセデス、ポルシェなどのブランドの中で、彼らは過去の最高のマシンのいくつかと、現在提供している最高のマシンを公開しています。 そして、周りに靴ひもなどはありません。 人々はドイツと同じように教育を受けており、ブガッティ1やメルセデスの「ガルウィング」ではなく、たとえできたとしても3C4に触れる人は誰もいません。

マドリッドまたはバルセロナの見本市全体と同様のサイズのホール7〜8は、交換専用です。 間違いなく あなたがここにイタリア語を持っているなら、あなたが探しているものは次のとおりです。 アバルトエンジン、フェラーリパーツ、308ブロックまたはシリンダーヘッドから完全なコロンビアエンジンまで…ランボルギーニ、ランシア、アルファなど。 しかし、それはありません。ドイツのサロンの通常のチュートンのスペアパーツの多くもあるので、ポルシェやメルセデスから必要なものがすべて見つかります。 私たちも見たいくつかのゴール、そしてもちろんスペイン語の中で私は最も国際的なものを引用します、 «fornillos»、 評判の良いヨーロッパの見本市を見逃すことはありません。

残りのパビリオンは本物です 販売中のクラシックカーの乗り物酔い。 イタリア、ドイツ、スイス、フランス、オランダなどからの売り手を見るのは絶対に驚くべきことです。 スペインではフェラーリ308-328、テスタロッサ、512、F-40などのように見るのが非常に難しい車。 ここでは数十で数えられます。 カブリオバージョンを含むポルシェとその356は、まったく同じです。 911は、すべてのモデルとバージョンの数百人に数えられました。 ランボルギーニディアブロ(少なくとも私は6を見た)、カウンタック(3)、ミウラ(3)のようなさらに多くのグルメ...まあ、それは本当に恥ずかしいことです。

明らかに «CuoreItaliano» アルファ、ランチア、フィアットおよびそれらの派生物は例外的でした。 インテグラーレ、アルファスパイダー、フィアットスパイダーをお望みの方は、ほんの数例を挙げると、パドナに来てください。 しかし、すべてのバリアントとバージョンがライブで表示される場合は、購入します。

質問と交渉

戦前、使用人の不幸に、 それらは単なる証言でした。 現在の4.500台の車両のうち、50年以前に製造された車両は1940台のみですが、一部は本当に例外的です。 最近は明らかに値下がりしているので、安いと思ったものしか評価できません。 また、一般的に、予想よりもはるかに売れ行きが良かったとも言えます。 おそらくそれは一筋の光であり、最も古典的な古典のファンにとっての希望です。

繰り返しになりますが、一般的に、そして戦前の期間外では、読者は、同じサイズの他のものと同様に、このフェアで表示される価格が非常に高いことを知っている必要があります。 しかし、人生のすべてのように、彼らは一般的に交渉を認めます。 そして、それはあなたが掘り出し物を見つけることができるところです:私自身の目で私は91の青いテスタロッサが交渉されているのを見ました、そのために "ディーラー" 彼は140.000を望んでいました...そしてスイスのカップルが彼に118を提供しました。 車がのサインを運んだ直後 "私は売ります。"

終了する たくさんの名前を付けるのをやめられない 美術館の展示会 部屋の中にあったイタリアのクラブは、本当に素晴らしいステージングでした。 間違いなく私のアドバイスは、可能であれば、来年の飛行機のチケットを予約することです。

どう思いますか?

0 点数
Upvote 下降
アントニオ・シルバ

によって書かれました アントニオ・シルバ

私の名前はアントニオ・シルバです。1973年にマドリッドで生まれました。私の会社のおかげで、すべての国の自動車工場といくつかのヨーロッパの工場、そして多くのコンポーネント工場を直接知ることができました。私の趣味のためのインセンティブに他なりません... もっと見る

コメント

ニュースレターを購読する

あなたのメールで月に一度。

どうもありがとう! 送信したばかりのメールでサブスクリプションを確認することを忘れないでください。

何かがうまくいかなかった。 もう一度やり直してください。

50.3kファン
1.7kフォロワー
2.4kフォロワー
3.1kフォロワー