Auto Moto D´epoca Padua 2014
in

第31回オートモトデポカデパドヴァ

パドヴァ(スペイン語でパドヴァ)の街は、ヴェネツィアから約40 km離れた、イタリア北部にある繁栄した町です。 名門大学で有名なこの大学は、毎年秋に開催されるクラシックカーのファンの間でも名を馳せています。 イタリアでこのセクターの最大の見本市、 la 「オートモトデポカ」。

今年のエディションは昨年23月の26日木曜日からXNUMX日土曜日の間に開催され、いつものようにほとんどすべてのファンを満足させる多種多様な記事を提供しました。 無駄ではないそれは考慮されます 「エッセン」 もちろん、距離を節約しますが、イタリアの見本市の。

数字で見ると、この過去の版には50.000万人近くの訪問者が訪れ、さまざまなパビリオンとその間の屋外スペースが提供する1.600平方メートルに広がる最大90.000台のヴィンテージカーを見ることができました。

国の標本

パビリオンの中には、スイス、イギリス、ドイツ、さらには遠くのオランダなど、多くのイタリア人を除いて、ヨーロッパのさまざまな国からの出展者がいました。

それらすべての中で、どの部分も強調するのは難しいですが、 特に全体的な高品質のために、 しかし、スイスのディーラー、クリストフ・グローエが彼のスタンドに展示した、20年代のXNUMX台のランチアラムダについて話すのは公正です。

そして、モデルの歴史的価値(大量生産された最初の自立構造車であった)だけでなく、両方のユニットが私たちの国から来たため、そしてオープンモデルでさえ元のバルセロナのナンバープレートを保持していました。


[=»発表»=»
.
 
»«»«URL:https%3A%2F%2Fwww.escuderia.com%2Fcontacta-con-la-escuderia%2F ||ターゲット:%20_blank»«»=»»«0»=»»=»国境なし»_width =»1″ =»#1e73be»=»#222222″ =»#ffffff»=»2″ =»50″ =»#333333″ =»»]

イタリアの突然変異

よく言われるように、パドヴァ見本市は、多くのヨーロッパのコレクターが寒い冬の間に修復するプロジェクトを探しに行く場所であり、これの証拠は、この治療を受ける準備ができている多数の販売車両でした。

この場合、次のいずれかを強調表示するのは簡単です。 6年代後半からのアルファロメオ2500c40ツーリング。貴重な「スーパーレッジェラ」のボディワークが切り取られ、「高級ピックアップ」のようなものが作られました。

「怪物」を側面に保存したオートバイ工房の古い手描きのシルクスクリーン印刷、そしてその塗装の下には、手で叩かれたアルミニウム板がいたるところに現れました。

そんなナンセンスにスキャンダルされた人もいますが、例えば私はそれが好きで、そのままにしておきたいと思います。 もちろん、味についてはすでに知られています...

[pro_ad_display_adzone id =»41633″]
 

«etceterini»

他のXNUMX人の著名でさびた人は海外で裕福でない買い手を待っていました。 両方とも、元のフィアットの仕組みと一見したところ共通していた それらを特定するのは本当に困難でした、 正確にはその美しいラインのためではありません。

30年代の「アマチュア」ワークショップによって作り直された50年代の非常に珍しいフィアットバリラと、2100年代のフィアット60「エンプレイン」を指します。

偉大なメーカー、特にフィアットとランチアのメカニックから独自のブランドを作成したボディビルダーやトレーナーが多数いることを考えると、このような希少性はイタリアで最も一般的です。

これらすべてのシアタ、スタンゲリーニ、モレッティ、バンディーニ...そして長いエトセテラを指す「Etceterini」という名前があるほど、これ以上よく言われることはありません。

古い栄光

そして、このすべてを忘れずに 多くの公式スタンド クラブやブランド、ちなみに後者は特によく表されています。 アルファロメオ、アバルト、アウディ、BMW、マセラティ、メルセデスベンツ、プジョー、ポルシェ、フォルクスワーゲン、ボルボ、トヨタは、美術館から傑出した作品を持ち込みました。

ご覧のとおり、この数には、最も伝説的なイタリアのブランドのXNUMXつであるランチアがありません。 それは残念だ 彼の失踪に出席し、 あなたの母国で開催された最も重要なイベントでさえ。 フェラーリは、パドヴァで公式に展示されていなかったもうXNUMXつの重要なイタリアのブランドでした。

真実は、私たちがいたるところに跳ね馬のさまざまなモデルに出くわすことができたので、それは本当に必要ではなかったということです。 F40全体でさえ、屋外の屋外のスタンドに駐車されていました!

通常、販売価格は高かった -誇張は言うまでもありませんが-ヨーロッパで開催される「重要な」見本市で一般的になりつつあるもうXNUMXつの特徴は、すべてが見ることであり、触れることではないようです。

少なくとも、そしてこのすべての展示を完了するために、スペアパーツとオートモビリアの600以上の出展者(常に主催者自身による)。

イタリア人はこれらの主題の真の専門家であるため、雑誌、本、またはミニチュアの形でいくつかのお土産なしで去ることは本当に困難でした...そして実際には、 自動車に関連するすべてのもので。

 

Auto Moto D´epocaの別の50枚の画像にアクセスする ここをクリック

 

どう思いますか?

0 点数
Upvote 下降
フランシスコ・カリオン

によって書かれました フランシスコ・カリオン

私の名前はフランシスコ・カリオンです。1988年にシウダード・レアルで生まれました。この場所は、最初はヴィンテージカーとは似ていませんでした。 幸いなことに、自動車部門に専念している私の祖父には、ベテランの車を所有し、私の故郷で開催された(そして開催され続けている)毎年恒例のラリーに参加した友人がいました... もっと見る

コメント

ニュースレターを購読する

あなたのメールで月に一度。

どうもありがとう! 送信したばかりのメールでサブスクリプションを確認することを忘れないでください。

何かがうまくいかなかった。 もう一度やり直してください。

50.3kファン
1.7kフォロワー
2.4kフォロワー
3.1kフォロワー