in

カルロス・サインツがトヨタに勝利してから30年:日本の着陸

写真カルロス・サインツ/ルイス・モヤとトヨタ・セリカ:トヨタ

スペインと日本の関係は必ずしもスムーズではありませんでした。 何世紀にもわたって、日出ずる国は、簡単に、 慶長遣欧使館。 XNUMX世紀初頭の群島とスペイン植民地の間の商業的結びつきを強化することを目的とした外交使節団。 そのメンバーの何人かはセビリアの近くにとどまり、日本の名前を生み出しましたが、真実は、すぐに、 宗教的非難はアジアの国をいかなる外国の影響にも閉ざした.

このように、日本は封建制の夢を何世紀にもわたって眠りました 1868年に両国の関係は再び流れ始めました。 貿易と航海の条約が相互の知識に国境を開いたのはその年でした。 激しい商業、観光、文化交流の形で私たちの時代に到達する知識。 しかし、これを超えて、この物語には別の注目すべきマイルストーンがあります。

カルロスサインツトヨタ30周年

そして、はい、それはエンジンと関係があります。 カルロス・サインツとルイス・モヤによって結成されたカップルにとっても最初のトヨタの世界ラリー選手権は、これ以上でもそれ以下でもありません。 日本チームとスペイン人ライダーの二項式 1990年に彼はドライバーズチャンピオンシップで優勝しました。 そして、トヨタセリカの進歩は本当に印象的でしたが、1987年から1992年にかけてランチアがメーカーのタイトルを独占したのは事実です。

カルロスサインツトヨタ30周年

トヨタセリカGT-FOUR:カルロスサインツとルイスモヤの山

の到着まで トヨタ 世界ラリー選手権では、これはヨーロッパのマウントによって定義されたテストでした。 次のような武器を特徴とする治世 ランチアストラトス、 フィアット131アバルトまたは アウディクワトロ。 そのような対戦相手がいると、トヨタの対戦相手は簡単に勝利を収めることができませんでした。 したがって 彼らはセリカの第XNUMX世代をベースとして長い技術開発を準備しました、1986年に彼らがと呼ばれる全輪駆動のバージョンを抽出した GT-Four ST165.

ストリートバージョンでは、トヨタセリカGTに搭載されたエンジンの進化が150CVに上昇しました。 しかし、GT-Fourストリートユニットは、スープラから来るターボなどのアップグレードを受けました。 この190リットルブロックの性能を2CVに向上させました。 これらすべてがシャーシを強化することを余儀なくされただけでなく、より大きな重量と体積でダンピングに新しいスタビライザーバーとスプリングを組み込むことを余儀なくされました。 結果? 最も硬いが1350キロの重さのセット。

クラシックマドリードのチャンピオン、トヨタセリカ

リアアクスルとフロントアクスルの間でトラクションの半分と半分を分配するトランスファーケースのおかげで、これらすべてが地面に接続されました。 フロントアクスルに4%、リアに56%のパワーを供給していたランチアデルタHF44WDなどの当時のライバルとは異なる設定。 これらすべてのデータを使用して、 トヨタセリカGT- 165年シーズンに1989台のSTXNUMXデビューを果たしました、次のシーズンにすべての人のために出かけるために必要なすべてが提出されました。 そしてそれは、1990年に世界ラリー選手権のトップに到達した最初の日本車でした。

トヨタセリカ、カルロスサインツ、ルイスモヤ:優勝チーム

1989年シーズン、カルロスサインツとトヨタチームヨーロッパはXNUMXつの表彰台を獲得しました。 日本人によって開発されたすべての技術的努力の実施への良いプロローグ 彼らは28歳のカルロス・サインツがトップに立つことを信頼しました。 彼らが次のシーズンに達成したかった目標。 経験豊富なディディエオリオールと彼の印象的なランチアに直面して、サインツとトヨタは簡単なことをしていませんでした。

クラシックカーフェア
サインツとモヤは1990年のワールドカップで優勝しました

しかし、シーズンは良い結果で始まりました。 モンテカルロで表彰台を獲得し、XNUMX連勝、XNUMX位XNUMX位、XNUMX位。 のためのよく解決されたパス 1990年の世界ラリー選手権で優勝特に、あとXNUMX回の勝利が残っていることを考えると。 実際、サンレモラリーでXNUMX位に終わっただけで、彼らはなんとかトップに登ることができました。

少なくともパイロットカテゴリーでは、1992年に新しいST-185で繰り返されるマイルストーンです。 両方の勝利は、今日率直に言って望まれているカルロス・サインツ限定版で不滅にされました。 トヨタはコンストラクターズの世界選手権とともに、1993年と1994年に再び優勝しました。

トヨタセリカカルロスサインツエディション

カルロスサインツトヨタ30周年

これらはランチアの治世の終わりをマークし、日本の機械の突然の到着を始めた年でしたトヨタの後、1995年、1996年、1997年に連続優勝したのはスバルでした。1998年の三菱コンストラクターズワールドチャンピオンシップと1999年のトヨタによる再検証でトップに立ったアジアのトリプレット。2020年連続で日本のブランドが支配! そして、このすべては、この30年がXNUMX歳になるという勝利からです。 そして、それは、まあ、スペインと日本の関係は困難に始まったように見えますが…彼らは完全に爆発することになりました!

どう思いますか?

0 点数
Upvote 下降
ミゲル・サンチェス

によって書かれました ミゲル・サンチェス

LaEscuderíaからのニュースを通して、イタリアのV12の轟音を聞きながら、マラネッロの曲がりくねった道を旅します。 偉大なアメリカのエンジンの力を求めてRoute66を旅します。 私たちは彼らのスポーツカーの優雅さを追跡する狭い英語の車線で迷子になります。 モンテカルロラリーのカーブでブレーキングをスピードアップし、さらには、失われた宝石を救うガレージでほこりで自分自身を満たします。

コメント

ニュースレターを購読する

あなたのメールで月に一度。

どうもありがとう! 送信したばかりのメールでサブスクリプションを確認することを忘れないでください。

何かがうまくいかなかった。 もう一度やり直してください。

50.3kファン
1.7kフォロワー
2.4kフォロワー
3.1kフォロワー