オートモトレトロトリノ
in

Automotoretroトリノ、リンゴットガレージ

今月の13日から15日の週末、カーニバルに合わせて、トリノで第32回オートモトレトロが開催されました。 このイベントは年々重要性を増しており、パドヴァでのイベントとともに、イタリアで国際的に参照される18つの古典的な見本市のXNUMXつになっています。 今年は訪問者が大幅に増加し、前版と比較してXNUMX%増加し、組織にとって大きな成功を収めました。

見本市は古いフィアット工場にあります。 リンゴットの。 多くの人は知りませんが、フィアットは何十年もの間そこに建てられました。 この巨大な建物では、異なるフロアで製造され、屋根に大きなテストトラックがあり、ラインの端に5つの非常に大きなスロープがあります。 ですから、それは信じられないほどの歴史を持つ場所であり、間違いなく毎年素晴らしい古典的なイベントに対応するに値します。 この機会に、それはマドリッドとバルセロナの最大の見本市の約XNUMX倍の面積で、XNUMXつ以上のパビリオンにとどまりました。

フェアクラシックトリノ
1928年に古いリンゴット工場がショッピングセンターに改築されました(L.フランセセッティ作)

[su_note note_color =»#f4f4f4″]

イタリアの大手ブランド

間違いなく、スポーツカーについて考えることはイタリアでそれを行っています、そしてこの意味でコンテストは失望することができませんでした:たくさんの 注目 2つおよび4つのカッティングホイールで多かれ少なかれ 幸運な 彼らは、少なくとも5台のテスタロッサを販売し、モンディアル、フェラーリ355、208 GT4、348と出会いました。 ポニー 本当に古典的で、やや隠された白いディノを見つけました。

代わりにトライデントのマーク 中央パビリオンの目立つ場所にいくつかのグランプリレーシングカーが展示されており、展示されている車両の点で胸に影響を与えました。 二輪車に関しては、マンハイムのオファーではありませんでしたが、ドゥカティ、ベネリ、ジレラ、ベスパなどがありました。

アルファとランチアは、ジュリエッタSZ、モントリオール、またはXNUMXつの古典的なアウレリアスパイダーアメリカなどのカルトモデルでよく表された他の主要なイタリアの会社でした。 また、すべてのバージョンで永遠のDelta HF Integraleを忘れることはできません。今年は、かつての「フィアットグループのボス」であるジャンニアニェッリの特別ユニットも展示されていました。

[/ su_note]

[su_note note_color =»#f4f4f4″]

フィアットハウスでは、これを見逃すことはできませんでした。前世紀の最初の12年間のフィアットゼロ15-131 Cvは例外で、そこから現在まで多くのモデルが展示されていました。バリラ、124アバルト、850スパイダー、500スパイダー、XNUMX 、など…彼らはファンを喜ばせた。

[/ su_note]

[=»発表»=»
.
 
»«»«URL:https%3A%2F%2Fwww.escuderia.com%2Fcontacta-con-la-escuderia%2F ||ターゲット:%20_blank»«»=»»«0»=»»=»国境なし»_width =»1″ =»#1e73be»=»#222222″ =»#ffffff»=»2″ =»50″ =»#333333″ =»»]

良い価格、スペアパーツが少ない

価格に関しては、フェラーリモンディアルQvの素晴らしいユニットが初日に販売された20.000ユーロ未満から、フェアにはかなり良かったです(車は本当に良かった、ほぼ完璧でした、そして所有者は朝に私に言いました価格は「交渉可能」だった)。 メルセデス22SL「ガルウィング」、ランチアアウレリアスパイダーアメリカ、またはフェラーリディーノの言いようのない数字を経て、彼らがいくつかのデルタエボユニットを求めた食欲をそそる25-300 ...

そしてもちろん、スペインで求められているものと比較して信じられないほど低価格で、最も人気があり経済的なフィアット500、またはアウトビアンキアバルト。 一方、イタリア人は最初のパビリオンの入り口でモデルを強調しました: 復元するための壮大なシトロエンSMコンバーチブル。 価格は公開されておらず、電話をかけたい人の電話番号だけが公開されていました。

[pro_ad_display_adzone id =»41633″]
 

戦前の販売に関しては、ほぼ独占的にイタリアのオファーで、人気のあるバリラ約5〜9.000ユーロと、30年代の独占的なランチアまたはアルファに焦点を当てました。後者は一般的に強力なポケットにのみ適した価格です。

スペアパーツではもっと期待していましたが、 最も人気のあるものだけが彼らの場所を持っていたので。 マセラティやフェラーリのスペシャリストが見つからないのが寂しいです。 はい、イタリアのオートバイと車のドキュメントはかなりたくさんあります。

フェアには、フィアットやマセラティなどのブランドが直接代表する展示パートもありました。 マウントを公開したイタリアのクラブもたくさんありました。 RACI(RACEに似ていますが、イタリアンスタイル)は、0世紀後半から850世紀初頭にかけての電動三輪車を特徴としていました。 それから、Delta HF Integraleo Club、XNUMX SpiderClubなどのクラブがありました。

[su_note note_color =»#e9e9e9″]

見事と古典?

フェアの別館としてのパビリオン 細く そして競争、前者の真の異常と一緒に後者のいくつかの壮大な部分。 サーバーは、なぜ彼らがいくつかの見本市や集会で私たちを集めることを主張するのか理解できません。 クラシックの愛好家として私を悩ませていることがあれば、古い車でそのような急進的な変化を見ることです。 127つは、当時のようにフィアット10エンジンに動力を供給することであり、もうXNUMXつは、「ガルウィング」またはXNUMX人用のパエリアサイズのサブウーファーを装備することです。

要するに、興味深いフェア、 イタリアのモデルを切望している場合、または週末を「分類」したい場合にお勧めします。 トリノは国立自動車博物館の本部でもあるので、両方の訪問を組み合わせることをお勧めします。 私はそれをしました、そして私は両方に満足しました。 また、 ドーナツ 市内中心部には信じられないほどの数のイタリアのファッション店があり、クラシックカーにあまり興味がない場合に喜んでいただけます。 フェア自体でも、上層階には午後の買い物ができるショッピングセンターがあります。

[/ su_note]
 

どう思いますか?

0 点数
Upvote 下降
アントニオ・シルバ

によって書かれました アントニオ・シルバ

私の名前はアントニオ・シルバです。1973年にマドリッドで生まれました。私の会社のおかげで、すべての国の自動車工場といくつかのヨーロッパの工場、そして多くのコンポーネント工場を直接知ることができました。私の趣味のためのインセンティブに他なりません... もっと見る

コメント

ニュースレターを購読する

あなたのメールで月に一度。

どうもありがとう! 送信したばかりのメールでサブスクリプションを確認することを忘れないでください。

何かがうまくいかなかった。 もう一度やり直してください。

50.3kファン
1.7kフォロワー
2.4kフォロワー
3.1kフォロワー