in

スクラップが生き返るとき

私たちは皆、50年以上前の車でいっぱいの巨大なアメリカ人墓地を、テレビ、映画館、インターネット、通常は有名な「ルート66」を囲む砂漠の風景で見ました。

ファンの一般的な考え方かどうかはわかりませんが、私にはこのような場所は私たちの国ではいつも見つけることができないもののように見えました...ある日私たちがこれらのラインに持ってくる場所が現れるまで。

確かに砂漠の景観と膨大な量の「ジャンク」は実現されておらず、25台ほどの車しかありませんでしたが、間違いなく半世紀以上前の機械の墓地です。 そしてそれらのすべては彼らのオリジナルのスペインのナンバープレートで、 それは私にとって、それに特別な魅力を与えます。

SONY DSC

SONY DSC

1-これは到着時に見つけたパノラマでした
2-そのルノー5はどのようにしてそこに到達したのですか?

さびへの情熱

しかし、過去にこの場所が固定されているのを見つけるには、コンピューターに頼るしかありませんでした。 そして、私は新技術にあまり精通していないことを認めなければなりませんが、この場合、それらは基本的なものでした。

あなたが時々ソーシャルメディアで「フリーク」するという事実がなかったら、このレポートは不可能だったでしょう。 それは、カタロニアの友人が彼のプロフィールに非常に興味深い写真を載せたときに始まりました。 この低品質の携帯電話のショットは、1940年以前の数台の車がフィールドに積み上げられ、かなり見栄えが悪いことを示していました。

さびのほとんどすべてのファンが持っている好奇心と興味から、私はその神秘的なサイトについての詳細を尋ねました。 最初に受け取った情報は「彼らは私の地域にいた」というもので、その直後に私は彼に写真を渡した人の電話番号を教えられました。 物事は面白くなってきました。

雑草やさびは、野外での長い年月を示しています
雑草やさびは、野外での長い年月を示しています

何かを投げて、私はその電話番号に電話し、より多くの情報を求める準備をしました。 私はすぐにアントニオという名前の男性に付き添われました。彼は私の電話に悩まされただけでなく、親切にも私をその場所に招待してくれました。 ほんの数日後に解体されることになっていた、それで彼は多くの時間枠を持っていませんでした。

「どう?」、 私は驚いて尋ねました。 「心配しないでください、車はより良い場所に行くでしょう」 私の対談者が私に答えました。 説明は簡単でした。私は、カレルエラの小さな町で古典修復ワークショップを運営している、イェン地域の有名なファンであるアントニオ・クレスポと話していました。

彼が私に言ったことによると、その場所はアルバセテの首都の郊外にあり、彼自身がその土地を取得し、その同じ週の終わりにそれを集める準備をしていた。

[su_quote]「サイトが消える前に、サイトの写真を撮りに来ませんか? それだけの価値があると思います。」 [/ su_quote]

SONY DSC

SONY DSC

1-このルノー4/4の最初のシリーズは非常に完成していました
2-これらの写真を撮った直後に、場所は解体されました

もちろん、チャンスを逃すことはできないと思いました。 そのような場所を見つけるのはもはや簡単ではなく、むしろ不可能であり、特にこの場所は、長年の怠慢の後に残った時間を数えていました。

趣味過剰

すべての場合と同様に、今日のこのサイトの存在にも説明があります。 見た目はあるかもしれませんが、60年代から廃墟となった廃品ではありませんが、これは それらはクラシックカーの素晴らしいコレクションの「残骸」です アルバセテファンから。

多くのコレクターと同じように、彼は保管の可能性を超えるまで多数の車を収集し始めました。このようにして、コレクションのごく一部がこのオープンフィールドに行き着きました。 。

SONY DSC

SONY DSC

1-半砂のペンキはこれらの奇妙な色を提供しました
2-これらの車の細部は「芸術的」でさえあるようです

これは、車の塗装のいくつかの層が修理の最初のステップとしてすでにサンディングプロセスにかけられているという事実のために、写真に見られる豊富な色の多様性を説明しています。

何年にもわたって要素に「非難」された自動車のグループ(約30台)は、コレクションの中で最も価値が低いか、一般的であると見なされていました。 しかし、よく見ると、興味深い部分がいくつかあります。

 

続行します ページ2...

 

どう思いますか?

0 点数
Upvote 下降
フランシスコ・カリオン

によって書かれました フランシスコ・カリオン

私の名前はフランシスコ・カリオンです。1988年にシウダード・レアルで生まれました。この場所は、最初はヴィンテージカーとは似ていませんでした。 幸いなことに、自動車部門に専念している私の祖父には、ベテランの車を所有し、私の故郷で開催された(そして開催され続けている)毎年恒例のラリーに参加した友人がいました... もっと見る

コメント

ニュースレターを購読する

あなたのメールで月に一度。

どうもありがとう! 送信したばかりのメールでサブスクリプションを確認することを忘れないでください。

何かがうまくいかなかった。 もう一度やり直してください。

50.3kファン
1.7kフォロワー
2.4kフォロワー
3.1kフォロワー